322.透輝石 Diopside (アフガニスタン産)

 

 

ダイオプサイド −アフガニスタン、コクチャ峡谷、ピタワク産

方解石中のクロム透輝石 −ブラジル、M.G.産

透輝石と灰鉄ざくろ石と雲母
−アフガニスタン、パラチナール産

 

透輝石はマグネシウムとカルシウムの珪酸塩で、わりと産出の多い鉱物である、というか造岩鉱物のひとつである。カルシウムに富む(そしてしばしば鉄分を含む)変成岩や火成岩中に一般的にみられる。

接触変成帯では苦灰石と石英との反応によって生じ、その過程は透閃石の生成に似ているが(→No.284の化学式)、珪酸四面体の連鎖構造が透輝石では単鎖、透閃石では二重鎖という違いがあり、おそらく透輝石の生成条件の方がより高温側にあると考えられる。この種の構造を持つ鉱物はときに繊維状の外観を示す。

マグネシウムを鉄に置き換えたものがヘデンベルグ輝石(灰鉄輝石)で、また鉄よりマンガンの多いものはヨハンセン輝石と呼ばれる。それぞれの間に連続した固溶体が存在しうる。
ダイオプサイドとは、ギリシャ語で「ふたつ」「見る」「石」の意になるが、その由来は「単斜晶系の二回対称シンメトリに因む」、「外観の多様さに因む」、「多色性に因む」などと資料によって異同があるので、よくわからない。

色目の鮮やかなもの(例えばクロムを含んだ緑色種)、透明度の高いもの、猫目効果のあるものなどは、廉価な貴石として重宝される。
参考:バイカル石(ラクスマンと光太夫)、 ビオラン、 No.829 補記1(コッコライト)

補記:「地学の語源をさぐる」(1978)によると、アウイは晶癖がいろいろあることから、di (ふたつ)+opsis(見える・相)の語を用いたが(1806年)、後にはむしろ dia(〜を通して)+ opsis と理解されているそうだ。

鉱物たちの庭 ホームへ