更新情報

このページは、最近の更新内容についてお知らせするためのページです。
以下のテキストからリンクを辿っていただくと、更新されたところを素早くご覧いただけます。

[本ページへ戻る]


2021.9.19

ギャラリー:No.936 水晶 −新規

       No.300 ファーデン水晶 −追記

蛍石ギャラリー: No.13 −テキスト追加


2021.9.12

ギャラリー:No.935 水晶 −新規


2021.9.4

旅のひとコマ: No.69 ドレスデン −新規


2021.8.29

ギャラリー:No.934 水晶 −新規


2021.8.15

ギャラリー:

No.278 補記2No.280 補記2

No.295 追記No.297 補記No.299 補記

No.307 補記、 No.312 追記、 No.317 追記

No.331 追記、 No.334 補記、 No.338 補記

No.339 補記2、 No.340 追記No.355 補記

No.357 追記、 No.360 補記2、 No.368 補記 

No.369 追記、 No.374 追記、 No.757 補記  ほか

旅のひとコマ:  No.4 ムンバイ、 No.10 北インド  画像追加


2021.8.10

ギャラリー:No.933 水晶 −新規


2021.8.1

ギャラリー:No.932 水晶 −新規


2021.7.25

ギャラリー:No.931 水晶 −新規


2021.7.17−18

ギャラリー:No.930 水晶 −新規

翡翠指輪 補記4真珠・白珠 補記2

No660 補記3,4隕石の話 補記4


2021.7.10

ギャラリー:No.929 水晶 −新規


2021.7.3

ギャラリー:No.928 水晶 −新規


2021.6.27

ギャラリー: No.154 灰重石 −加筆

        No.196 ライン鉱 −加筆

        No.813 マラヤ石 −追記

ひま話:明治時代の有名鉱物 −水晶等加筆


2021.6.18−20

ギャラリー:No.132 補記

ひま話:玄武洞とシルバー生野


2021.6.12−13

ギャラリー: No.145 補記2No.223 補記No.543 追記

  No.326 補記3、 No.365 補記3、 No.619 補記

  明治時代の有名鉱物(菫青石ほか加筆) ほか


2021.6.5

ギャラリー:No.927 ひすい輝石(リラ) −新規


2021.5.30

ギャラリー:No.926 ひすい輝石(ミント) −新規


2021.5.22

ギャラリー:No.176 桜 石 −補記に加筆、補記2追加


2021.5.16

ギャラリー:No.925 ひすい輝石(プリンセッサ) −新規


2021.5.3−8

ギャラリー:No.924 ひすい輝石(雪中の苔) −新規


2021.4.17

ギャラリー:C20 雪片青ひすい狛犬 −新規


2021.4.10

ギャラリー:No.923 ひすい輝石(ラベンダー) −新規


2021.4.3

ギャラリー:No.922 ひすい輝石(ギャラクティック) −新規


2021.3.21

ギャラリー:No.921 ひすい輝石・ソーダ雲母 −新規


2021.3.6

ギャラリー:No.920 ひすい輝石・角閃石・曹長石 −新規


2021.2.27

旅のひとコマ: No.68 ベルリン −新規


2021.2.21

ギャラリー:C19 翡翠龍形腕輪 −新規


2021.2.13

ギャラリー:No.919 ひすい輝石・石英 −新規


2021.2.6−7

ギャラリー:No.918 ネフライト −新規

       No.505、 No.506 こはく  −追記ほか


2021.1.24

ギャラリー:No.917 ネフライト(タイガー) −新規


2021.1.17

ギャラリー:No.916 ネフライト(青白玉) −新規


2021.1.10

ギャラリー:No.915 ネフライト(白青玉) −新規


2021.1.4

ギャラリー:No.914 ネフライト −新規


2020.12.29−30

ギャラリー:

No.156 輝水鉛鉱   −追記
No.157 ブロシャン銅鉱 −補記
No.160   ラング石   −補記2
No.191  ハンベリ石  −追記
No.199 菱鉄鉱    −補記

No.219  テルル石    −追記
No.222  藍銅鉱     −追記
No.223  水亜鉛土
   −追記 
No.298  天藍石
         −追記
No.505  琥 珀
   −補記3

No.864  ヨアネウム石  −追記

鉱物記: 軟玉の話2   −補記2


2020.12.20

ギャラリー:

番外 C18.真珠・白珠 −新規
No.490 青色ひすい −追記ほか


2020.12.13

ひま話:軟玉の話1 −追記2


2020.12.6

ギャラリー:No.478 ネフライト −補記

ひま話:軟玉の話1 −追記1


2020.11.29

ギャラリー:No.913 ひすい輝石 −新規


2020.11.21−22

ギャラリー:No.912 ネフライト −新規

ひま話:ある坂田ファンによるサカタ・マンガ覚え書き −新規

旅のひとコマ:成 都 −新規


2020.11.15

ギャラリー:No.911 オンファス輝石 −新規


2020.11.6−7

ギャラリー:No.910 ひすい輝石 −新規

ひま話:「思い出のマーニー」とクイーンメリー紅茶 −追記3


2020.10.24

ギャラリー:No.909 ひすい輝石 −新規


2020.10.17

ギャラリー:No.908 苦土フェリエ沸石 −新規


2020.10.10

ギャラリー:

No.907 ポーリング沸石 −新規
No.187 レッドベリル −追記3


2020.10.3

ギャラリー:No.906 マリコパ沸石 −新規


2020.9.27

ギャラリー:No.905 エディントン沸石 −新規


2020.9.20

ギャラリー:No.904 レヴィ沸石・オフレ沸石 −新規


2020.9.12

ギャラリー:No.903 ブルースター沸石 −新規


2020.9.5

ギャラリー:No.902 重土十字沸石 −新規


2020.8.30

ギャラリー:No.901 トムソン沸石 −新規


2020.8.22

ギャラリー:No.900 ペリステライト −新規


2020.8.14

ギャラリー:No.899 ラルビカイト −新規


2020.8.1−2

ビルマ玉(ヒスイ)の分類名と20世紀以降の商流情報ほか −新規

ひま話:思い出のマーニーとクイーンメリー紅茶 −追記2


2020.7.23

ギャラリー:C17 翡翠指輪 −新規


2020.7.18

鉱物記:ひすいの話5 −19世紀ミャンマーの玉産地 −新規


2020.7.5

鉱物記:ひすいの話4 翡翠と呼ばれる玉の前史 −新規(改題)


上記の日付より、以前。 

マイナーチェンジはわりとたくさんあると思います。本ページから、探してみてください。

◆鉱物ギャラリーの初出記録:
   ときどき内容の見直しや更新をしていますが、
   初出時点のニュース的なエピソードを含むページがあります。
   内容が古くなっているページもありますが、ご諒承ください。

   古い画像はフジ写真フイルム社製 FinePix-1500 で撮影したものです。
   最初期には借り物のデジカメで撮っていましたが、その画像はもう残っていません。
   FinePix-1500の画像も数えるほどです。
   画像の下に(撮影 ニコちゃん)とあるのはニコン社製 CoolPix-4500で撮影したものです。
   2003年頃から撮り直し、新規撮影に使うようになりました。
    (2015年時点ではほとんど使ってません)
   2011年春頃から幅(350-) 400- 480pixelサイズへの移行を進めており、
   ニコン社製 D90 で撮影しています。レンズはマニュアル 55mmマクロ(f2.8か f3.5)がメインです。
        2015年時点で 最大 540pixel 幅の画像もあります。(容量を食いすぎて、ちょっと困ってますが)
   2019年時点では 幅:高さが3:2の画像は最大 640pix 幅、4:3の画像は 540pix幅が
   いいのかなと思ってます。

No.1〜58    1999年3月春分(画像&テキスト)
No.59〜72          冬(テキスト追加。画像は公開直後より)
No.73〜104  2000年
No.105〜160 2001年
No.161〜220 2002年
No.221〜276 2003年
No.277〜335 2004年
No.336〜393 2005年
No.394〜457 2006年
No.458〜509 2007年
No.510〜553 2008年
No.554〜586 2009年
No.587〜615 2010年
No.616〜650 2011年
No.651〜677 2012年
No.678〜703 2013年
No.704〜730 2014年
No.731〜760 2015年
No.761〜794 2016年
No.795〜825 2017年
No.826〜854 2018年
No.855〜888 2019年
No.889〜913 2020年
No.914〜    2021年       

◆ 1998.12.E ネット上に最初のテキストコンテンツ(鉱物記)をおく
   1999.3.E   ギャラリー開設(画像コンテンツを始める)
   1999.6.21  公称公開日 (相互リンクを始めた日) 
   1999.10  蛍光する石たち開設 
      冬 定期更新を始める (ひま話も始める)
   2000.5 TOPページのデザインを変更(現在に至る)
       プロバイダーを Asahi-net に変更(現在に至る)

      2002.8 - 2004.7.21  の期間、掲示板開設(ロリポップ) みなさまお世話になりました。
        (開設期間中 カウンタープレート提供)

     2021.5.5  lapisps.sakura.ne.jp/ ドメイン公開(移転先)。
       (長らく容量的に破綻したまま lapis/fluorite -mine/を使っていました。
        プロバイダ事情から移行の予定)

 

  ・ サイトを始めた頃は、世の中の環境は基本ホームページ容量 5MBとか10MB とかが普通でした。
  ダイヤルアップ回線のため、大きな画像を貼ったページは迷惑以外のなにものでもないと
  いった風潮だったのですが、その後 高速かつ定額制のADSL や光通信が普及し始めて、大画像複数使用の
     ページも許容範囲となり、容量枠も一気に 50MB とか100MB とかに増えました。
    おかげで、旧いコンテンツは削除していく…というお約束の作業が不要になって、
  ホームページは博物館か物置か、といった存在になりました。
 ・ちなみに blog サービスが始まると、こちらは事実上、容量無制限の世界が拓けました。
  (が、サイト構造と検索性とに疑問を感じたので手を出しませんでした。)
 ・そうした環境の変遷もあって、当初テキスト系で始めたサイトに、やがて小サイズの画像を
  載せるようになり、ADSL普及以降、ギャラリーページ数の累積、画像サイズの拡大へと進みました。
 ・モニターサイズも解像度がどんどんあがり、ページサイズの基本は 640x480 対応から 800x600
 と言われるように。その後OS が Win 7 になると、そもそもOSがこれらのサイズに対応しなく
 なりました。以降は1024x768 が基本に。
 そのほか、いろんな環境変化がありましたが、当サイトはそれに対応したりしなかったり。
 一言でいえば、昔ながらのホームページでありまする。 

SPS